歯周病の進行の仕方について

歯周病は虫歯より知名度が低いですが、歯を失う主な理由として決して甘く見てはいけない病気です。

T-SITEをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

主な原因は、歯に付いた汚れです。


汚れを菌が分解して出す毒素により、歯茎が腫れていきます。腫れだけの状態であれば、きちんと歯磨きをして、歯石を取る治療を受ければ状態は回復しますが、痛みがないので多くの人はそのまま放置してしまいます。
菌は空気を嫌う性質があり、歯茎の奥の方へ入り込んで毒素を出し続けます。腫れはどんどんひどくなり、歯磨きをすると血が出るといった症状が出てきます。

そのうち、歯茎だけでなく、歯を支える骨も破壊し始めていきます。



骨が破壊されるといっても、痛みはありません。痛みがないという事が、歯周病だと自覚するのが遅くなる原因です。骨がなくなっていくと、歯は支えを失うので、グラグラし始めます。

歯が動くので噛みにくくなったり、歯が浮いたような感覚も出ます。ここまで症状があると、歯茎から膿が出て、口臭があることもあります。
一度破壊された骨が回復することはまずありません。
歯周病は、文字の通り、歯茎や骨など歯の周りの病気です。

歯そのものに問題がなくても、差さえを失った歯は抜けてしまいます。

ゆっくりと進行していきますが、確実に悪化していくので、早期に発見し、早期に治療することが歯を守る上で大切になります。

歯科医院はできるだけ行きたくない場所として認識されていますが、いつまでも自分の歯で噛むためにも定期的に受診しましょう。